1956年第2回秋田県モーターショー
開催場所  現在の広小路に面した秋田市中通2丁目デンコードー付近
                                                               by Ryuta

  1955年に引き続き前年と同じ場所で第2回秋田県モーターショーが開催されました。

 唱和製作所製造の唱和号秋田県総代理店であった平田モーター商会も出展しました。






 三輪車の奧に止まっているのはメグロの単気筒500ccでは無かろうか。このバイクの白バイが有ったのを記憶している。超ロングストロークを思われる、ドッ・・ドッ・・ドッ・・と間隔の開いたアイドリング音が耳に残っている。

 右側の人が乗っているオートバイは何だろう。エンジンの大きさから250cc位だと思うが私の記憶の中には無いオートバイである。

 左に止まっている三輪トラックはマツダ製で平田モーター商会所有のものだと思う。平田モーター商会はマツダの販売店もやっていてマツダのトラックを使用していた。この三輪トラックは3台目であったと思われる。1台目の運転席はオープンタイプで屋根は無く、オートバイの後ろに荷台を付けた形をしていたようだ。今のトライクみたいな物である。この後、1958年ロンパー(D1100)言う名称の四輪トラック(1,105cc空冷2気筒OHVエンジン32.5PS、エンジンは三輪の物を引き継ぐ)へと替わっていく。


 マツダの販売店をやっていた関係で幼い頃マツダの車によく乗っていた。マツダ最初の軽自動車マツダR360クーペ、ヨーロッパデザインの軽乗用車キャロル、ボンネット軽トラックのB360、ファミリヤ・トラックなどトラックメーカーだったマツダが乗用車市場に進出していった頃の車に乗っていたのである。



 マツダR360クーペの乗車定員は4名ではあったが、外観スタイルを優先したため室内は狭く、特に後部座席は小学校高学年で最前列に並んでいた私でも、足を縮めて乗っていた記憶がある。このクーぺには当時としては珍しいトルクコンバーターが付きがあってクラッチ無しの確か2段変速であったと思うが、このトルコンが問題で大人2人と子供2人が乗って国道13号御所野の砂利道を登って行くと、トルコンがオーバーヒートして動かなくなりその場に立ち往生、冷えるまでしばらくの間動けないことが度々あった。エンジンは空冷2気筒OHV16PSであった。マツダのエンジンはオート三輪で使っていた空冷Vツインのエンジが多かった。





 矢沢永吉がいたグループ名にもなったキャロルは、ヨーロッパデザインのシャレた軽乗用車でリヤウインドウの形に特徴があった。この車の後部シートは広く子供が普通に座ることができた。キャロルには当時軽としては珍しいアルミ製水冷4気筒360ccエンジンがリヤに横向きに搭載されていて、この車の良くも悪くも特徴となっていた。静かにスムーズに回るエンジンは当時の軽自動車には無かったものであったが、重くトルクの無い高回転型エンジンのためエンジンは唸るが前には進まない車であった。





  B360は軽のボンネット・トラックで空冷Vツインエンジンを搭載していたが、1963年モデルチェンジしてキャロルの4気筒エンジンをフロントに縦に積んで登場した。私が16歳で軽免許を取って初めて路上を走った車がB360の4気筒仕様で、4速フロアシフトのトランスミッションは1速がノンシンクロで1速へのギヤダウンに気を使った記憶がある。馬力が20PSで最高速が79km/hと今の原付にも負けそうな走行性能であった。初めて路上を走った時、1人では不安であったのだろう御袋に頼み込んでを横に乗ってもらい、二丁目橋を渡りおそるそる産業会館前を曲がった映像を今でも覚えている。






 左からトヨモーター、三菱のスクーター・シルバービジョン、ホンダのドリーム・ベンリイ、トーハツの看板が見える。この中で今でも会社が残っているのはホンダと三菱自動車だけである。






 左に沢山並んでいるスクーターは、富士重工業が造っていたラビットスクーターである。





 厚手のコートを着ているとこを見ると時期は4月初旬頃で、時間はお昼頃ではなかろうか。このコートの御仁駅前の金座街で昼食を食べた後、出張先に向かう途中にこのモーターショーを見つけチョット見学を決め込んだ東京の人と思われる!?






 中央のバイクが乗っている丸い台はモーターで回転する仕掛けになっていて、多分親父が東京のモーターショーで回転する展示台を見て来て、秋田のモーターショーのために造らせたのだと思う。このモーターショウに動く展示台を持ち込んだのは平田モーター商会だけであった。






 ここにはライトクルーザーの展示は無いので、クレームの多さからカタログ落ちしたものと考えられる。






1956年モデルは前年モデルとの違いは多くなく、外観上はヘッドライトのバイザーが特徴である。






サイドカー仕様も展示されていた。クルーザーとサイドカーの相性は良さそうである。



注.ここに書かれているコメントは、私の曖昧な記憶によるところが多々有り全てが正確なものではない事をご了承ください。


Ryuta’s MUSEUMへ
HOMEFUNKY LibraryRyuta’s Museum東北情報北海道情報秋田の林道秋田ヤブ山紀行Mail
Copyright(C) HIRATA  MOTOR CO., LTD.All rights reserved.